ライニング工事で配管スッキリ~処理剤で油を吸収して心配ご無用~

工事

回転抵抗を低減

取扱いと選定

回転をスムーズに行うには、ベアリングの使用は欠かせません。ベアリングは、高炭素軸受鋼という非常に硬度の高い材料で作られております。ベアリングは外輪と内輪の間に転動体が等間隔に挿入されております。軸の回転構造によりますが、一般的には内輪回転で使用されております。ベアリングは包装され箱に梱包された状態、或いは小径の場合には数個まとまった状態で梱包されております。素手で取り扱うと塩分影響で錆が生じますのでゴム手袋等を着用します。また、取扱い中にベアリングの落下は、内輪或いは外輪の軌道面に圧痕が生じる場合がるので作業は慎重に行わなければなりません。また、回転軸に挿入する場合には、挿入治具の使用が必要となります。挿入治具がない場合には、ベアリングを加温してから軸に素早く挿入します。

耐久性と性能の保持

ベアリングの回転をスムーズに行うためには、液体潤滑剤或いは半固体状の潤滑剤(グリース)が必要です。一般的には、グリース使用されております。このグリースの特性や性能でベアリングの特徴や特性を維持することができます。ベアリングを挿入した機器は、いろいろな環境で使用され、その環境においても問題なくスムーズな回転を維持し続けるたまには、その環境に適したグリースの使用が必要です。例えば、氷点下の低温環境の使用では、低温に於いてもグリースが固化することなく、グリース状態を保つものでなければならないのです。また、高温の使用環境においても 流失することなく、グリース状態を保つものを使用します。使用環境に適したグリースを使用することでベアリングの特徴と性能を発揮することができます。